会えない時間 男性心理

会えない時間の男性心理と対処法

スポンサーリンク

交際を始めたばかりの時は、お互い少しでも会えるように努力して時間を作っていくことが多いと思います。
しかし、交際が続くにつれて、どちらかが仕事や趣味など優先したいものができてくると、会えない時間も増えてきます。
男性は自分の人生の中で仕事を重要視することが多いので、男性の仕事が忙しくて会えなくなり、女性に不満が募るという話はよく聞く話です。
女性の悩みの中でこの会えない時間とそのときの男性心理が理解できないという悩みはとても多いです。
会えないことから、「自分は彼のなかでの優先順位が低く、大切にされていない」と感じてしまうからです。
相手はそうは思っていなくても、会えない不満を考えていると、自分の中でこの気持ちがどんどん大きくなっていきます。
そして相手への思いやりの気持ちが欠けてしまうことで、お互いが傷ついてしまう結果につながることもあります。
しかし、こういった悩みは男性心理に理解をもち、すこしでも相手に寄り添う気持ちをもつことができれば、より良い関係につなげていくこともできます。
相手への不満を考える前に相手を理解する気持ちをもつこと、自分の考え方を見直すことが大切です。

スポンサーリンク

まず、会えない時間の男性心理です。
女性は一度にたくさんのことを考えたりすることができるのに比べ、男性は目の前のことに一点集中してしまうという特徴があります。
女性は仕事をしながらでも彼のこと、遊びのこと、いろいろなことを考えます。
しかし、男性は仕事で忙しい時にはそのことしか頭の中にないのです。
そして、仕事がひと段落して、やっと彼女のことを思い出すのです。
それは大切にしていないから忘れていたというわけではありません。
女性にとっては、寂しい思いをしているのに、思いついた時にだけ連絡してくるという風に感じてしまうこともあるかもしれません。
しかし、大切に思っているからひと段ついた後、連絡しようと思うのです。
会えない時が続くと誰でも不安になります。
その上連絡が減るとなおさらです。
しかし、彼は自分のすべきことをしているのです。
会えない時間の彼の行動を見るのではなく、会っているときの彼のことをしっかり見てください。
会っているときに大切にされていることが感じられるのであれば、それが本当の気持ちです。
不安に思うことがあれば、聞くことも大切です。
お互いに不安をなく努力をしたうえで、理解し思いやっていくことが何より大切です。
大切な彼のために、会えない時間は次会う時に素敵でいられる自分になるための準備期間だと思いましょう。

スキルアップもよし、自分を甘やかせるのもよし、心地よいことをしましょう。

スポンサーリンク